KairosWatchの購入を考えている人のために、現状をお伝えします。 続編記事は「Kairos Watch倒産したみたい」です。

KairosWathcとは

スマートウォッチ Kairos Watchを1週間使ってというポストを見てください。 この記事は、KairosWatchを購入してみたいけど迷っている人に、せめて待つよう買い留まらせる記事です。

2016年1月からの進展

あまり進展らしい進展はありませんが、以下が改善されました。

  • 待機電力の大幅削減
  • 多重通知の不具合の若干の改善

度重なるアップデートのおかげで、1日フルに使っても電池の減りは40%程度になりました。夜のうちに充電しないと次の日には使えませんが、1日の間だけなら全く心配なく動作します。これはほかのスマートウォッチにはない長所でしょう。

1月時点では、Facebookの通知が2回重ねて来るなどの不具合がありましたが、そのようなアプリは減っています。ただいまだにMessengerの通知は2重ですし、Twitterアプリは自分でツイートするたびに通知してきます。

ここがダメだよKairosWatch

正直、通知を転送する以外に出来ることがありません。その通知すら覚束ないくらいです。音楽の再生・次の曲・前の曲、なんてのは当然できませんし、搭載されているはずの加速度センサーや糖度センサーは何もしていないようです。正直がっかりです。 対応してもらいたいけど使えない機能を上げておきます。

  • 音楽の再生・次の曲・前の曲
  • アプリごとの通知のOn/Off(現状、有名アプリについていくつかOn/Off出来るだけ)
  • 日本語対応(メールの通知など、全く使い物にならない)
  • 加速度・糖度センサーを最低限使えるようにする * スマホを探す機能をつける

特に日本語対応は頑張ってほしいです。なんだかんだで通知には日本語が含まれるので、何言ってるかわからないことが多いです。 この時計のために、英語モードにしたくないです。公式WEBでも対応を謳っているので、やるべきです。

結論:買うな

今後のアップデート次第では購入の価値ありですが、今は止めておいた方がいいです。 公式WEBページに載っていることの半分をできません。英語話者以外ならなおさらです。

かなり重い、ということも注意してください。半透過型ディスプレイのせいで、時計もちょっと見にくいです。これらはどうにもならないことなので仕方ないのですが、なんとかして欲しいものです。