Windows10にアップグレードしたところ、2枚のうち1枚のGPUが動かなくなってしまいました。 結局、WDDMバージョンが問題でした。 詳細は以下のNVIDIAの公式ポストにあります。 http://nvidia.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/3707/~/windows-10-will-not-load-the-nvidia-display-driver-for-my-older-graphics-card

世代の違うビデオカードはうまく動かない場合がある

Windows10では、WDDM2.0というものが採用されているそうです。WDDMは”Windows Display Driver Model”の略で、GPUドライバの共通規格のようなものだそうです。 WDDMにはバージョンがあるのですが、世代によってサポートされているバージョンが違います。NVIDIAの場合は以下の通りです。

コードネーム 型番 対応Ver
Maxwell Geforce 700,900シリーズ 2.0
Kepler Geforce 600シリーズ 2.0
Fermi Geforce 400,500シリーズ 1.3

問題は、対応バージョンの異なるビデオカードが同時に動作した場合です。 Nvidiaは以下のように説明しています。

If combination of graphics cards results in mixed WDDM modes, only graphics cards compatible with first card’s WDDM mode will load display driver. Other graphics card(s) with different WDDM mode will fail to load driver.

つまり、はじめにPOSTされたGPUのWDDMバージョンでOSは動作し、異なるバージョンで動作するGPUはドライバのロードに失敗してしまいます。私のPCの場合、QuadroK620はVer2.0で、GeforceGTX560TiはVer1.3で動作するので、どちらかを使うとどちらかは動かなくなってしまいました。

なお、FermiについてはVer2.0に対応予定だそうです。いつ公開されるのか、果たして公開されるのか分かりませんが、期待しましょう。